毎日Eトレ!【1175】もうすぐクリスマスだ

デイビッド・セイン先生が教える
ママと子どもの親子英会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「もうすぐクリスマスだ。おばあちゃんとおじいちゃんに何か送ろうか?」「もうすぐクリスマスだ。おばあちゃんとおじいちゃんに何か買うといいかもね」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: It’s almost Christmas. Should we send something to Grandma and Grandpa?
B: Yeah! How about warm socks and mufflers?

A: もうすぐクリスマスだ。おばあちゃんとおじいちゃんに何か送ろうか?
B: うん!あったかい靴下とマフラーはどう?

 

ホリデーシーズンに使える英語

今年もあっという間に12月がやってきました。そこで今月は、ホリデーシーズンに使える表現をご紹介します。
12月になると「もうすぐクリスマスだね~」というフレーズがあちこちから聞こえてきますが、英語では It’s almost Christmas.と表現します。almost は「ほとんど、もう少しで」という意味で、Christmas is almost here. も同じ意味の表現になります。should と聞くと「~すべきだ」の意味がまず思い浮かぶかもしれませんが、shouldには「~したほうがいい」という意味もあります。そのため、Should we send something to Grandma and Grandpa? は「おばあちゃんとおじいちゃんに何か送ったほうがいいかな?」→「おばあちゃんとおじいちゃんに何か送ろうか?」といった提案のニュアンスです。Why don't we send something to Grandma and Grandpa?(おばあちゃんとおじいちゃんに何か送らない?)のようにたずねてもいいでしょう。ちなみに、日本語では「おじいちゃんとおばあちゃん」という語順が一般的ですが、英語では Grandma and Grandpa のように、おばあちゃんが先にくるのが一般的です。「お父さんとお母さん」も同様に、英語では Mom and Dad の語順が自然です。
ママの提案を受けて、子どもが How about warm socks and mufflers? と返答しています。How about ... ? は「~はどうですか?」と提案するときの定番表現です。Grandma said she wanted an umbrella.(おばあちゃんは傘が欲しいって言ってたよ!)、Let’s get a Christmas present for Grandpa.(おじいちゃんにクリスマスプレゼントを買おうよ!)といったフレーズもぜひ使ってみてください。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Christmas is just around the corner. Maybe we should get something for Grandma and Grandpa.
B: I know! Let’s get them warm socks and scarves!
A: もうすぐクリスマスだ。おばあちゃんとおじいちゃんに何か買うといいかもね
B: そうだよ!あったかい靴下とマフラーを買おう!

▶just around the corner で「もうすぐ、間近に」。Maybe 人 should ... は「人が~したほうがいいかもしれない」という軽い提案のフレーズです。scarvesはscarfの複数形で「マフラー」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

驚くほどすっと口から出てくる 超かんたん ネイティブ英語100
発売日:2019/6/19

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事