毎日Eトレ!【1347】空港の入国審査で役立つ英語表現

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話 〜旅行フレーズ〜

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は空港の入国審査で使えるメッセージフレーズ「観光と食事をたくさんする予定です。」です。さっそく読んで活用しましょう。

A: What do you plan to do during your stay in New York?
B: I will be doing a lot of sightseeing and eating.


A: ニューヨーク滞在中に何をする予定ですか?
B: 観光と食事をたくさんする予定です。

 

ニューヨーク滞在中の予定は?

飛行機で海外に到着して入国するときは、入国審査で渡航目的を必ず聞かれます。What do you plan to do? は「あなたは何をする計画ですか?」です。will be doing ... は「~するつもり」という意味で、近い未来の予定や、話し手が心のなかでやると決めている事柄を話すときに使います。be going to do ... に置き換えることもできます。sightseeing は「見物、遊覧」で、do sightseeing で「観光する」という意味になります。ほかにも入国審査官から聞かれる質問として、How long will you stay in this country?「この国にどれくらい滞在しますか?」や Where are you staying in New York?「ニューヨークではどこに宿泊しますか?」などがあります。事前にしっかりと答えを準備して、あわてないようにしましょう。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: What brings you to New York?
B: I’m here to see the sights.

ぜひお会いしたいのですが、あいにくその週は出張で不在にしています。

A: ニューヨークに来た目的は何ですか?
B: 観光で来ました。

▶What brings you to ...? は、直訳すると「何があなたを~へ連れてくるか」ですが、「あなたはどうして~に来たのか」と目的をたずねる意図で使われます。また、sight は「視覚」のことですが、複数形の sights で「名所、見所」を表し、see the sights は「観光する」です。旅行で使えるフレーズを学びながら、親子で夏休みのお出かけの計画を立ててはいかがでしょうか。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 


おすすめ記事