毎日Eトレ!【1242】台風

デイビッド・セイン先生が教える
お天気を表すフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「大型台風が接近中です」を表す英語フレーズです。さっそく読んで活用しましょう。

A huge (  ) is approaching.

A: titan

B: typhoon
C: hurricane

 

空欄の穴埋めをしよう

大型台風が近づいていることを伝えるには、選択肢 B をかっこに入れて、A huge typhoon is approaching. と言います。「台風」は英語で typhoon です。音がそっくりですが、語源は同じで、ギリシア語やアラビア語に由来すると考えられています。「大型」を表すには huge (巨大な) の代わりに、major (大きな) や powerful (強力な) も使えますし、単純に big と言ってもよいでしょう。また、approaching (接近している) の代わりに、カジュアルな coming も使えます。ちなみに、日本では「台風第19号」のように発生順に番号を付けますが、国際的には、ハリケーンと同じように台風にも人の名前を付けて、"Typhoon Hagibis" などと呼びますよ。

【意味を確認】
大型台風が接近中です。
A: 巨人
B: 台風
C: ハリケーン

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A typhoon struck the area.

▶台風が直撃したことを伝えるには、上の例文のように表現します。struck は動詞 strike の過去形で、「襲った」ということです。動詞 hit でも、まったく同じような意味で使えます。また、「台風一過」と言いたいときは、「台風のあと」と解釈して、after the typhoon で十分です。「台風一過の青空」なら、blue skies after the typhoon となります。天候など空模様を言うときや、空の広がりを示したい場合は、sky は複数形で skies にします。天気の話は、日常でもビジネスでも英会話の切り出し方として有効ですので、ぜひいろいろな表現を覚えておきましょう。

【意味を確認】
台風がその地域を襲った。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事