毎日Eトレ!【1067】次のサービスエリアで休憩して軽く食事したいな

デイビッド・セイン先生が教える
ドライブの会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「次のサービスエリアで休憩して軽く食事したいな」「次のサービスエリアに寄ってランチにしたいな」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: I'd like to make a pit stop at the next service area to grab a bite to eat.
B: Sure.

A: 次のサービスエリアで休憩して軽く食事したいな
B: いいよ

 

食事休憩を取りたいと伝える

pitは「くぼみ、(人工的に作った)穴」という意味の他に、自動車に燃料補給をしたり、タイヤ交換・修理などを行なう「カーレース場の整備所」という意味もあります。そこから、レース中に給油や修理のためにピットに停車することをpit stopというのですが、このpit stopという表現は「(ドライブの途中の)休憩、(給油や食事のための)一時停車」という意味でも使われます。長時間ではなく、短時間のちょっとした休憩というニュアンスです。

grab a bite (to eat)は日常会話でよく使われるフレーズで「軽く食事をする、軽食をとる」という意味です。Let's grab a bite after work.「仕事の後に軽く食事しよう」のように使います。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: I want to drop by the next service area and grab lunch.
B: What do you feel like eating?
次のサービスエリアに寄ってランチにしたいな

▶drop byは「立ち寄る」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事