毎日Eトレ!【1291】羽根つき

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話 〜日本の冬の遊び〜

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は日本の冬の遊び英語フレーズ「羽根つきはラケットとシャトルを使ったバドミントンのような遊びです」です。さっそく読んで活用しましょう。

Hanetsuki is a game like badminton that uses a paddle and a shuttlecock. Girls usually play it during the New Year’s holidays.

羽根つきはラケットとシャトルを使ったバドミントンのような遊びです。主にお正月に女の子が行います。

 

バドミントンのような遊び

日本の風習を外国人に紹介するときは、よく知られた物にたとえるとよいでしょう。「羽根つき」はバドミントンのような遊び (a game like badminton) と説明すれば一言で伝わります。「羽子板」は卓球などで用いるラケット (paddle) に形が似ていますし、「羽根」はバドミントンで打つシャトル (shuttlecock) とそっくりですね。より具体的に説明したい場合は、形状や色彩に言及して、rectangular wooden paddle (四角い木製のラケット) や brightly colored shuttlecock (鮮やかな色をしたシャトル) のように言えます。「お正月」は the New Year’s holidays で、三が日といった幅のある期間を表せます。holiday は、法定休日でなくても祝祭的な日について使える言葉です。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Hanetsuki, which uses a paddle and shuttlecock, is a game similar to badminton. It is often played by girls around New Year’s.
羽根つきはラケットとシャトルを用いた、バドミントンに似た遊びです。お正月に、主に女の子が行います。

▶similar to ... で「〜に似ている」です。また、New Year’s は New Year’s Day「元日」の略ですので、around New Year’s は「元日ごろ」、つまりお正月期間を表します。羽子板については、美しい装飾品として用いられることも多いので、It’s a popular decoration. (人気のある飾り物です) などの説明も可能です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事