毎日Eトレ!【1255】ビニール袋

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は防災のフレーズ「災害のときにビニール袋はどんな使い方ができるの?」です。さっそく読んで活用しましょう。

A: Do you know how to use a plastic bag in the event of a disaster?
B: You can use it to carry water. It's also good to use as a plate cover.

A: 災害のときにビニール袋はどんな使い方ができるの?
B: 水を運ぶのに使えるよ。お皿にかぶせて使っても便利だよ。

 

防災のフレーズ

ビニール袋をたくさん用意しておくと、災害で避難生活を送ることになったときに役立つようです。その使用例をたずねているのが A の質問文です。ビニール袋は plastic bag と表現します。日本語の「プラスチック」と異なり、英語では柔らかく透明な素材も plastic と言います。in the event of は「〜の場合に」という仮定の状況を表すフレーズです。回答文の B では、to carry water (水を運ぶため) と as a plate cover (お皿のカバーとして) という2つの使い方を挙げています。2番目についてもっと詳しく説明するなら、You can put the plate inside the bag so that you don't have to wash the plate after a meal. と言うとよいでしょう。これは「食後にお皿を洗わなくて済むように、袋の内側にお皿を入れるとよい」という意味です。食器をビニールで覆って、その上に食べ物をのせれば、あとで洗い物をする水が節約できるということですね。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Can you tell me how I could use a plastic bag if a disaster strikes?
B: It’s good for carrying water. Also, you use it like a plate cover.
A: 災害が起きた場合のビニール袋の使い方を教えてくれる?
B: 水を運ぶのに役立つよ。お皿にかぶせるようにしても使えるよ。

▶if a disaster strikes は「もし災害が襲ったら」。動詞の strike には、天災や病気が「襲う」という意味があります。また、be good for は「〜の役に立つ」のニュアンスです。非常時にビニール袋をお皿の覆いとして利用した場合のことを具体的に伝えるには、When you finish eating, you can just throw away the bag and do not have to wash anything. (食事を終えたら袋を捨てればよいので、洗い物をしなくて済みます) と言うと分かりやすいでしょう。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

 


おすすめ記事