毎日Eトレ!【1344】打ち合わせの打診に応じる時のビジネス英文フレーズ

デイビッド・セイン先生が教える
電子メールで使える表現

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は会合相手に伝えるメッセージフレーズ「まる1週間出張いたしますので、代わりにサトウがお会いします。」です。さっそく読んで活用しましょう。

As I’ll be away on business during the whole week, Mr. Sato will be happy to meet with you instead.

まる1週間出張いたしますので、代わりにサトウがお会いします。

 

1週間出張に出ています

面会の依頼に対して、会えないことを伝えるときのメール表現の一例です。「〜なので」と理由を先に述べるときは、As ... や Since ... で文を始めます。on business は移動などに関して「仕事で、商用で」という意味を表し、be away on business で「出張で不在にしている」ということになります。

英語圏では、外部の人に社員名を伝える場合、日本の習慣とは異なり、ファミリーネームだけであれば Mr. Sato や Ms. Brown のように身内でも敬称をつけます。be happy to ... は「喜んで〜する」ということですので、たとえ自分が会えなくて断っても、ほかの者が歓迎するという気持ちを表現できます。

「私の代わりに」ということを表現するには、例文の instead のほか、on my behalf (私の代理で)とも言えます。単に忙しくて会えないなどと伝えるのではなく、具体的な理由を述べたり代案を示したりするとよいでしょう。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I really want to meet you, but unfortunately I’ll be out of town on a business trip that week.

ぜひお会いしたいのですが、あいにくその週は出張で不在にしています。

▶本当は会いたいという気持ちを伝えるのも大切です。I really want to meet you, but ... は「会いたいのは山々ですが〜」という、相手への気づかいを示します。unfortunately で「あいにく、残念ながら」とワンクッション置きます。be out of town は「市外に出かけている、よその町に行っている」という意味で、出張や旅行に出ていることを表すのによく使う表現です。town の代わりに具体的な地名を入れて、be out of Chicago などとしてもOKです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 


おすすめ記事