毎日Eトレ!【1230】梅雨の晴れ間

デイビッド・セイン先生が教える
お天気を表すフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「梅雨の晴れ間」の英語フレーズを完成させる穴埋め問題でです。さっそく読んで活用しましょう。

a (  ) in the rainy season

A: break

B: sunny
C: spell

 

空欄の穴埋めをしよう

今日は「梅雨の晴れ間」を英語で言ってみましょう。これは雨季が一時中断した状態だと考えて、a break in the rainy season と表現できます。break は「中断」を表しますので、「梅雨の中休み」のニュアンスになります。したがって空欄に当てはまる正解は選択肢 A です。break には「変化、終わり」の意味もありますので、a break in the weather で「天候の急変」、とりわけ天気が回復して晴れ間が出る場合を指すこともできます。他の選択肢を見てみましょう。B の sunny (晴れた) は形容詞のため、a sunny day in the rainy season のように名詞の day を補うことで、「梅雨晴れの一日」を表せます。また、C の spell は「ひと続き」を意味し、ある天気の期間を示すのに使えます。a spell of nice weather in the rainy season とするなら、「梅雨の間の晴天続き」すなわち「梅雨の晴れ間」を言い表すことができます。

【意味を確認】
梅雨の晴れ間
A: 中休み
B: 晴れた
C: ひと続き

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

save for a rainy day

▶「梅雨の晴れ間」に関連して、英語のイディオムを一つご紹介します。太陽が出ている期間に雨の日に備えておくことにたとえて、save for a rainy day は「まさかの時の備えをする」という意味で使われます。特にお金を蓄えることを指す場合が多く、You need to save for a rainy day. で「いざという時のために貯金しておかないといけないよ」というアドバイスになります。動詞に keep を使って、keep money for a rainy day と言ってもOKです。

【意味を確認】
まさかの時の備えをする

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語でマスター!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2020/12/17

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事