毎日Eトレ!【1062】次の出口で高速を降りるから、左車線に入って

デイビッド・セイン先生が教える
ドライブの会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「次の出口で高速を降りるから、左車線に入って 」「A: 出口はもうすぐだから、左車線に入っていって B: 了解!」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: We need to get off the highway at the next exit, so try to get into the left lane.
B: I'll try.

A: 次の出口で高速を降りる必要があるから、左車線に入るようにして
B: やってみるよ

 

高速道路を降りる必要があると伝える

ドライバーに対してナビゲーションの誘導をするフレーズです。「高速道路を降りる」はget off the highwayと表現します。バスや電車などの乗り物から降りるときに使うget offと同じです。The train left before I could get off.なら「私が降りる前に電車が走り出した」という意味になります。また、小さな子どもがお行儀悪くテーブルに立ってジャンプをしていたら、It's dangerous. Get off the table.「あぶないよ。テーブルから降りて」のように注意することもできます。get offの反対はget onなので「高速道路に乗る」を言いたい場合は、get on the highwayを使えばOKです。

try to get into the left laneで、車を左車線に寄せていくよう指示を出しています。「右車線」ならright lane、「追い越し車線」ならpassing laneのように語句を入れ替えましょう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: The exit is coming up soon, so go ahead and get into the left lane.
B: Okay!
A: 出口はもうすぐだから、左車線に入っていって
B: 了解!

▶go ahead and ...は「~し始める」というニュアンス。すぐに左車線に入るよう促すフレーズです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事