毎日Eトレ!【1215】自然な返答はどれでしょう

デイビッド・セイン先生が教える
親子でチャレンジ!英語クイズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は正しい応答を選ぶ会話問題です。さっそく読んで活用しましょう。

May I speak to Alex?

A: Who cares?

B: Who's calling?
C: Who's who.

 

〜応答問題に挑戦しよう〜

電話口で「〜はいますか?」とたずねるときの定番表現が May I speak to...? です。こうした電話がかかってきて、でも相手が名乗らなかった場合にどう応答するのがよいのか、選択肢から選んでみましょう。A の Who cares? は「誰が気にするの?」→「そんなこと、誰も気にしませんよ」という反語表現。「どうだっていいじゃない」のようなニュアンスになるため、電話の応対としては不自然です。B の Who's calling? は「電話をかけているのは誰ですか?」の意味ですので、これが正解です。よりていねいに相手の名前を聞くには May I ask who's calling? (どちら様でしょうか?) とします。Who is this? (誰ですか?) という聞き方もありますが、ややぞんざいな印象になります。もっとも英語圏では、自分の名前を言わないで電話を取り次いでもらうことも普通に行われています。選択肢 C にある who's who とは、氏名・役職・経歴など、誰がどんな人物なのかという情報のことで、これで一つの名詞です。地位の高い人々の名簿「紳士録」をも表し、複数形なら who's whos となります。

【意味を確認】
アレックスはいますか?
A: 誰も気にしません
B: どちら様ですか?
C: 人物情報です

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Ahchoo!
A: Bless you.
B: Save me.
C: Excuse us.

▶Ahchoo は日本語の「ハクション」に相当する、くしゃみの擬音語です。「アーチュー」と発音します。近くにいる誰かがくしゃみをしたら、選択肢 A の Bless you. (お大事に) と声をかけるのが英語圏のお約束。直訳すると「あなたにご加護を」の意味になります。このほかにも「健康」を表すドイツ語に由来する Gesundheit. という言葉をかけることもできます。選択肢 B の Save me. は「私を救って」のニュアンスで、くしゃみをした人に対して言う習慣はありません。C の Excuse us. は「失礼します」。たとえば二人以上で連れ立って歩いていて誰かの前を横切るときなどは、Excuse me. の代わりに、「私たち」を表す複数形を使ってこのように言います。

【意味を確認】
ハクション!

A: お大事に
B: 助けて
C: すみません

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事