毎日Eトレ!【1145】しばらくは川の水位が高いままだから気をつけてね

デイビッド・セイン先生が教える
ママと子どもの親子英会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「雨が止んだ後も、しばらくは川の水位が高いままだから気をつけてね」「雨が止んだ後はまだ川の水位が高いから、危ないことはしないでね」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Even after it stops raining, the water in the river will stay high for a while, so be careful.
B: Okay, I won't go near the river.

A: 雨が止んだ後も、しばらくは川の水位が高いままだから気をつけてね
B: わかった、川のそばには行かないよ

 

防災・緊急時に役立つ英語③

夏場は涼を求めて川遊びを楽しむ機会が増えますが、注意したいのが川の急な増水です。特に雨が多く降ったあとは危険をともなうため、注意を促すフレーズを確認しておきましょう。
waterは「水」のほかに「水位、水面」という意味もあり、ここでは後者の意味で使われています。stayはある状態が継続していることを表す動詞なので、stay highで「高いままである」、 また、for a whileは「しばらくの間、少しの間」という慣用表現です。
ほかにも、Don’t go swimming in the river alone.(ひとりで川に泳ぎに行かないで)やKeep away from the river.(川に近づかないで)なども覚えておきたいフレーズです。実際に川の中で泳いでいる相手に対して川から出るよう伝えるなら、Please get out of the water.(水から上がってください)と言えばOK。もし危険がせまっている場合は、Get out! It’s dangerous!(上がって!危険だよ!)と端的に表現しましょう。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: The water in the river will still be high after the rain stops, so don’t take any risks.
B: Don't worry. I’ll stay away from the river.
A: 雨が止んだ後はまだ川の水位が高いから、危ないことはしないでね
B: 心配しないで。川には近寄らないよ

▶take a riskは「危険を冒す、リスクを負う」という意味で、 Don’t take any risks. で「危険を冒さないで」と相手に注意を促すフレーズに。stay away from ... は「~から離れている、~に近寄らない」。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

驚くほどすっと口から出てくる 超かんたん ネイティブ英語100
発売日:2019/6/19

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事