毎日Eトレ!【1280】ノミネート

デイビッド・セイン先生が教える
海外の時事英語

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は海外の時事英語フレーズ「FRBパウエル議長、2期目に任命される」です。さっそく読んで活用しましょう。

Fed Chair Powell nominated for second term

FRBパウエル議長、2期目に任命される

 

議長が再任された

「ノミネート」と言えば、映画賞などの候補を思い浮かべるかもしれませんが、アメリカの大統領など国家の首脳が特定の人を選んで公職に任命するときにも nominate という動詞が使われます。nominate は name「名前」と語源を共有しており、「指名する」という意味合いで、例えば be nominated as one's successor (後継者に任命される) のように受け身でも用います。上の例文はニュースの見出しによく見られる形で、本来なら Fed Chair Powell was nominated for a second term. となるところ、be動詞や冠詞を省いて簡潔に表現しています。Fed は、日本では Federal Reserve Board (連邦準備制度理事会) を略した「FRB」として知られるアメリカの中央銀行にあたる組織ですが、英語で一般に使われるのは Federal Reserve または Fed という呼び名です。また、chair は「議長、委員長」のことで、chairman の男女共用の語です。肩書として人名の前につけるときは大文字で始めます。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Biden renominates Powell as Fed chair
バイデン氏、パウエルFRB議長を再任

▶nominate に「再び」を表す接頭辞 re- をつければ、「再指名する」という意味の動詞 renominate になります。renominate A as B で「AをBに再任する」 です。例文では Biden renominates ... と現在形になっていますが、実際には「再任した」という過去の出来事なので、時制を考えるとおかしく思えるかもしれませんが、これは英字新聞のヘッドライン特有の書き方です。本来は過去形を用いる場面でも、現在形で書くことでリアルな臨場感が伝わります。英語でニュースを読むときにぜひ注意してみてください。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語でマスター!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2020/12/17

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事