毎日Eトレ!【1311】わが子を大切に思う

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話 〜親子の愛情表現フレーズ〜

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は親子の愛情表現フレーズ「あなたはママにとってお月様やお星様のように大切で、とっても愛しているわ」です。さっそく読んで活用しましょう。

You are mommy’s moon and stars and I love you very much.

あなたはママにとってお月様やお星様のように大切で、とっても愛しているわ。

 

月や星のように大切な子ども

英語には、わが子を大事に思う気持ちを伝える表現がいくつかあります。日本人からすると大げさな言い回しに聞こえるかもしれませんが、You are mommy’s moon and stars. もその1つです。月や星々を比喩として、自分にとってかけがえのない大切な存在だと言っています。父親が話しかける場合には、mommy’s の代わりに「パパにとっての」という意味で daddy’s を用います。ほかにも、You mean the world to me and your father (mother).「私やお父さん(お母さん)にとってはあなたがすべてなんだよ」という言い方もできます。この場合の the world は「世界」というよりは「あらゆるもの」の意味なので、その子がいなければほかには何も残らない、といったようなニュアンスになります。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

You are the best thing that has ever happened to me.
私に起きた最高の出来事はあなたよ。

▶より正確に訳すと「あなたは今までに私に起きたことの中で最高のものだ」となります。ever は「これまでに、かつて」、happen to ... は「〜に起こる、〜に発生する」です。なにげない一言のようですが、言われた子どもにしてみれば、親からの愛情をはっきりと感じられて、うれしく思えるはずです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事