毎日Eトレ!【1046】ジムは遅刻の常習犯だ!

デイビッド・セイン先生が教える
会社での雑談フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「ジムは遅刻の常習犯だ!」「ジムがいつも遅刻していると思うのは私だけかな? 彼が時間通りにここにいることはない気がする」「ジムは自分の葬式にも遅刻するタイプの人間だよ。時計だって持っているのかね?」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Jim is chronically late! I don't remember a single day that he has come in on time.

ジムは遅刻の常習犯だ! 彼が時間通りに来た記憶は1日だってないよ

 

「遅刻の常習犯」は英語でなんて言う?

Jim is chronically late! は直訳すると「ジムは慢性的に遅い」です。chronicallyはlate(遅い、遅れた)という形容詞を修飾する副詞で、「慢性的に」という意味があります。人が「慢性的に遅い」ということは、とどのつまりその人は「遅刻の常習犯」ということになりますよね? Jim is chronically late!で「ジムは遅刻の常習犯だ」と言っている口語表現になります。        

chronicallyを使った表現に、chronically illがあります。これは「慢性疾患の、慢性的に体調がすぐれない」という意味で、He is chronically ill. (彼は慢性的に病気だ、彼は慢性的な病気を患っている)のように表現します。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Is it just me or is Jim always late? It seems like he's never here on time.
ジムがいつも遅刻していると思うのは私だけかな? 彼が時間通りにここにいることはない気がする

▶Is it just me or ...?(~と思う[言う]のは私だけですか?)は、自分の意見を遠慮がちに述べるときに使います。

 

Jim is the kind of person who will be late to his own funeral. Does he even own a watch?
ジムは自分の葬式にも遅刻するタイプの人間だよ。時計だって持っているのかね?

▶実際に自分の葬式に遅刻することは不可能ですよね? つまり、遅刻ばかりする人を直接的に批判せずに、揶揄する表現です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事