毎日Eトレ!【1162】過去を覚えていない人々は過去を繰り返す運命にある

デイビッド・セイン先生が教える
名言から英語を学ぼう

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「過去を覚えていない人々は過去を繰り返す運命にある」「人は物事を繰り返す存在である」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Those who do not remember the past are condemned to repeat it.

過去を覚えていない人々は過去を繰り返す運命にある

 

「繰り返し」にまつわる英語の名言

これはアメリカの哲学者であり詩人のGeorge Santayana(ジョージ・サンタヤーナ)の言葉。過去を振り返らない人は、同じ過ちや失敗を繰り返すといった教訓ですね。この文章はThose who do not remember the pastまでが主語になっています。those whoは「~する人々」を表すので「過去を覚えていない人々」ということです。condemn to ... はあまり聞きなれないイディオムかもしれませんが、「(人を)~に運命づける、~するよう運命づけられている」という意味。つまり、condemned to repeat it で「それ(=過去)を繰り返すよう運命づけられている」となります。ちなみに、condemnという単語は「非難する、宣告する」などの意味もあり、ニュースなどではよく登場する単語です。たとえば、The prime minister strongly condemned the illegal actions of her aide. は「首相は彼女の側近の違法行為を強く非難した」、Don't condemn what you don't understand. は「あなたが理解していないことを非難しないで」といった意味になります。動詞のrepeatは、「繰り返し言う」のほかに「繰り返し行う、繰り返す」の意味もあります。日本語でもお気に入りの店に足しげく通うことや好きな食べ物などをくり返し購入することなどを「リピートする」と表現するので、すっかり日常語になっていますよね。Repeat this process until you can do this smoothly. なら「これをスムーズにできるようになるまでこのプロセスを繰り返しなさい」といった意味になります。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

We are what we repeatedly do.
人は物事を繰り返す存在である

▶この言葉を残したのは、古代ギリシアの哲学者Aristotle(アリストテレス)。直訳の「我々は、我々が繰り返し行うことだ」が転じて「我々は物事を繰り返す存在だ、繰り返し行うことが我々自身だ」といった意味でしょうか。さまざまな解釈がありそうですが、私自身は「日々の積み重ねが自分自身を形成する」といった意味の言葉だととらえています。毎日をどう過ごすかは自分の心がけ次第だと改めて気づかせてくれる言葉です。
repeatの派生語であるrepeatedlyは「繰り返し、再三」という意味の副詞です。例文で使い方を確認しましょう。

He repeatedly practiced his speech until he finally memorized it.
彼は最終的に暗記するまで繰り返しスピーチを練習した。

My daughter has repeatedly asked me to buy her a smartphone, but I think she is still too young.
娘は繰り返しスマホを買うよう私に頼んでいるが、まだ早過ぎると思う。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

15時間で速習 英語耳 頻出1660語を含む英文+図で英会話の8割が聞き取れる
発売日:2019/12/27

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事