毎日Eトレ!【1346】転載許可を求める英文ビジネスメール表現

デイビッド・セイン先生が教える
電子メールで使える表現

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は転載許可を求める際に使えるメッセージフレーズ「御社のホームページに載っている写真の転載許可をいただけないでしょうか? 使用条件を伺えればと思います。」です。さっそく読んで活用しましょう。

Would it be possible to obtain permission to use the photos provided on your company’s website? I would like to know the conditions of use.

御社のホームページに載っている写真の転載許可をいただけないでしょうか? 使用条件を伺えればと思います。

 

転載許可をいただけますか?

他社サイトに掲載されている著作物の転載許可を求める際のメール表現を学びましょう。Would it be possible to obtain permission to ...? は「〜する許可をいただけますか」とたずねるフレーズです。obtain (獲得する) は get と同じような意味の動詞ですが、ややかたい表現ですので、かしこまった文面にはぴったりです。よりフレンドリーに言うには、Is it possible to get permission to ...? となります。許可を求めるといっても、May I have permission to ...? とすると、少し一方的で不自然な印象です。

「〜に載っている」を表現するには、provided on ... が使えます。provide は「提供する」という意味ですが、雑誌やホームページなどにコンテンツを「載せている」ということも表せます。the conditions of use は「使用条件」です。the terms of use (利用規約)と書いてもOKです。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

You may use the images for free under the condition that we are fully credited.

弊社のクレジットを明記するという条件で、画像を無償でご使用いただけます。

▶著作物の転載を許可する場合の、返信メール表現です。use ... for free は「〜を無料で利用する」、under the condition that ... は「〜という条件で」という意味になります。動詞の credit は人に何かの功績があると認めることを表しますので、受け身の be credited の形で「〜の功績だと見なす」、つまり作者としてクレジットに名前が入ることを表現できます。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 


おすすめ記事