毎日Eトレ!【1113】明日文房具屋さんに行こう!

デイビッド・セイン先生が教える
ママと子どもの親子英会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「明日文房具屋さんに行こう!」「いいよ。明日買いに行こう!」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Can I buy a new notebook and pencil?
B: Sure. Let's go to the stationery shop tomorrow!

A: 新しいノートとえんぴつを買ってもいい?
B: もちろん。明日文房具屋さんに行こう!

 

4月のフレーズ⑤文房具

新学期の季節、新しい文房具を買ってもいいかとたずねる子どもとママの会話です。
Can I ...? は「~してもいいですか?」と許可を求めるフレーズ。Can I buy ...? で「~を買ってもいいですか?」という意味になり、buyの後ろに買いたいものが入ります。ママはSure.(もちろん)と返事をしていますが、快諾する場合は、ほかにOf course.(もちろん)やGo ahead.(どうぞ)などもよく使われます。
「文房具」は英語でstationery。stationery shopは「文房具店」という意味です。文房具店を探しているのに場所がわからないときは、Do you know where the stationery shop is? とたずねればOKです。ちなみに、stationeryは「ステーショナリー」という発音から、nの後ろをaにしてしまう間違いが多く見られる単語。書くときはスペルミスに注意しましょう!

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: I want a new notebook and pencil.
B: Okay. Let's go buy them tomorrow.
A: 新しいノートとえんぴつがほしい
B: いいよ。明日買いに行こう!

▶go buy ...で「~を買いに行く」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事