毎日Eトレ!【586】時間が限られているので、議題に集中していきましょう

デイビッド・セイン先生が教える
会議のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「時間が限られているので、議題に集中していきましょう」「時間が限られているので、議題に集中していきましょう」「今日は時間があまりないので、議題に沿うように努めましょう」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

We only have a short time, so let's stick to the topics on the agenda.

時間が限られているので、議題に集中していきましょう

 

会議に関する表現―会議を始める2

話題の脱線を防ぎたいときに、会議の冒頭で言いたいひと言。

stickにはstick a note on a wall「メモを壁に貼る」のように物理的に「くっつける」という意味の他にも、「(わき目も振らず)やり通す/~に忠実である/~にこだわる」という意味があります。stick to a plan「計画に忠実である」やstick to one’s opinion「自分の考えを曲げない」もその例です。stick to the topics on the agendaで「アジェンダにある議題から逸れない」となります。

また、話の途中で「話を本筋に戻しましょう」と言いたいときは、Let’s get back on track.などと言うことができます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

We only have a limited time, so let's keep to the agenda.
時間が限られているので、議題に集中していきましょう

▶limitedは「限られた」という意味です。

 

Our time is restricted today, so let's try to follow the agenda.
今日は時間があまりないので、議題に沿うように努めましょう

▶restrictedは「制限された」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | PR  ・  DMM英会話  ・  大学生  ・  奨学生  ・  大人&大学生  ・  TOEIC  ・  クチコミ  ・  セブ留学  ・  CUE留学プログラム  ・  語学学校  ・  IELTS  ・  ミツミ電機  ・  セブ島留学  ・  語学学校情報  ・  体験レポート  ・  QQイングリッシュ