毎日Eトレ!【854】節分には豆まきをして厄を払い、福を呼び込みます

デイビッド・セイン先生が教える
2月の行事のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「節分には豆まきをして厄を払い、福を呼び込みます」「節分は、豆まきをして厄を払い、福を呼び込む慣習です」「節分には、豆まきをして厄や不健康を払うことで幸運を願います」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

On Setsubun, we usually throw beans to chase away bad luck, and invite good luck.

節分には豆まきをして厄を払い、福を呼び込みます

 

「節分」&「恵方巻き」を英語で説明しょう!

「節分ってなに?」という質問に、私はこんな風に答えています。

usually throw beans「豆を投げるのが一般的である」というフレーズの後に、「なんのために?」という疑問に答えるto chase away bad luck「不運を追い払うため」と(to) invite good luck「幸運を招き入れるため」を続ける形です。

また、近年は大阪が発祥と言われる「恵方巻き」の文化も全国区になりつつあるそうです。「恵方(a lucky direction」を向いて「巻き寿司(a sushi roll)」を食べるのですが、Do not speak until you finish eating the sushi!(食べ終わるまで絶対に言葉を発してはいけません!)

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

It's tradition on Setsubun to throw beans to keep bad luck away and invite good luck.
節分は、豆まきをして厄を払い、福を呼び込む慣習です

▶keep awayは「~を遠ざける」という意味の句動詞です。

 

On Setsubun, it's good luck to throw beans to keep bad luck and bad health away.
節分には、豆まきをして厄や不健康を払うことで幸運を願います

▶節分でまく豆は「煎った大豆」なので、roasted soy beansとも言えます。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事