毎日Eトレ!【591】今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう

デイビッド・セイン先生が教える
会議のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう」「今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう」「今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

This time, let's have the meeting standing.

今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう

 

会議に関する表現―スタンディングミーティング

最近では立ちながらミーティングをする会社が徐々に増えていると聞きます。テーブルの周りに集合するだけなので、席次などで迷う時間がなくなり、会議がスピーディーで効率もよくなるというメリットがあるそうです。

この立ち会議スタイルはstanding meetingでOKです。have a standing meeting(立ち会議)と言えます。上記で紹介している言い方はもう一つのバージョンです。meetingとstandingの順序が逆でいいの? と思われるかもしれません。こちらは文法用語で言うと分詞構文の付帯状況と呼ばれるもので、この場合「どのように会議をするのか」つまり「立ったままで」という状態を後ろから説明しています。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Let's have a standup meeting this time.
今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう

▶standup meeting「立ち会議」とも呼ばれます。

 

This time, why don't we have a standing meeting?
今回は立ったままのスタイルで会議をしましょう

▶Why don't we ...?は「…しましょうか?」と提案するときの言い回しです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 語学学校  ・  IELTS  ・  TOEIC  ・  セブ留学  ・  DMM英会話  ・  語学学校情報  ・  クチコミ  ・  CUE留学プログラム  ・  大学生  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ島留学  ・  大人&大学生  ・  PR  ・  体験レポート  ・  奨学生  ・  ミツミ電機