毎日Eトレ!【786】ご迷惑をおかけして申し訳ありません。担当に連絡します

デイビッド・セイン先生が教える
クレーム対応のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。担当に連絡します」「ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。担当者に連絡を取ります。」「上司に連絡を取るのでお待ちください。ご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、長らくお待ちいただきありがとうございます。」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

I apologize for the inconvenience. Allow me contact with the person in charge.

ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。担当者に連絡いたします

 

冷静なクレーム対応につながる、謝罪の定番表現

apologize for ...は「~を謝罪する、詫びる」、inconvenienceは「迷惑、不便」という意味です。I apologize for the inconvenience.は、相手に迷惑をかけたことを謝罪するフレーズとして非常によく使われます。

contact with ...は「~と連絡を取る」、person in chargeは「担当者」という意味です。

meとcontactの間にtoを入れて、Allow me to contact ...でもOKですが、その場合はcontactのすぐ後ろに目的語がきます。

ミスや問題が起きたときのクレーム対応や言葉選びは、たとえ母国語でも難しいものです。日頃からビジネスや接客などで外国人と接する機会がある人は、いざというときに落ち着いて対処できるよう、謝罪の表現を何パターンか覚えておくといいでしょう。最初のひと言がすっと出てくれば、その後は冷静な対処ができるはずです。 

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I'm very sorry for the trouble we've caused. I will be in touch with the person responsible.
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。担当者に連絡を取ります。

▶be in touch with ...は「~と連絡を取る」という意味。the person responsibleはthe person in chargeと同じ「担当者」です。

 

Please wait while I contact my supervisor. I apologize for the inconvenience and thank you for your continued patience.
上司に連絡を取るのでお待ちください。ご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、長らくお待ちいただきありがとうございます。

▶patienceは「我慢、忍耐、辛抱強さ」という意味で、Thank you for your patience.は時間を取らせてしまったときによく使います。continuedがあるので「長い間待ち続けている」状態ということです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事