毎日Eトレ!【982】座席を変更できないでしょうか? 窓側の席がいいです

デイビッド・セイン先生が教える
空港のフレーズ

 

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「座席を変更できないでしょうか? 窓側の席がいいです」「A: 座席を変更することは可能ですか? 窓側に座りたいのですが  B: 空きがあるか確認いたします 」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Is there any way for me to change seats? I wanted a window seat.
B: If there is an empty seat available. Let me check on that.

 

A: 何とか座席を変更できないでしょうか? 窓側の席がいいのですが 
B: 空席があれば可能ですので、確認いたします

 

座席の変更をお願いする英語表現

Is there any way ...?は「~の方法は何かありますか?/何とか~できないでしょうか?」という意味の表現で、相手に何かを依頼するときに使います。

「窓側の席」はwindow seat、「通路側の席」はaisle seatです。I'd like a window seat. も「窓際の席をお願いします」という意味で、よく使われる表現です。「友達と隣同士で座りたい」という希望を伝える場合は、I'd like to sit next to my friend.のように言えばいいでしょう。

座席ではなく、もっと早い時間の便に変更できるかを確認したい場合は、Is it possible to change to an earlier flight?とたずねます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Would it be possible to change my seat? I'd prefer to sit by the window.
B: Let me check to see if there is one available.

A: 座席を変更することは可能ですか? 窓側に座りたいのですが 
B: 空きがあるか確認いたします

▶I'd prefer to ...は「~したい」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事