毎日Eトレ!【939】その小国の圧勝は予想外だったが、表彰台を独占した

デイビッド・セイン先生が教える
試合結果のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「その小国の圧勝は予想外だったが、表彰台を独占した」「その小国はメダル候補ではなかったが、1位、2位、3位を取って圧勝した」「その小国はスポーツ界では無名だったが、今回は圧勝した」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Nobody expected the small country to win big, but it swept the medal podium.

その小国が圧勝するとは予想もしなかったが、表彰台を独占した

 

大穴の勝利を伝えるフレーズとは?

expectという動詞には「(当然のこととして)期待する」などの意味もありますが、ここでは単に「思う、予想する」のニュアンスで使われています。その場合、Nobody expects someone to doは、「人が~すると予想する者はいない」という意味になります。

win bigは「大差をつけて勝つ」「大勝する」ことを表しています。また、sweptはsweep(掃く)の過去形で、この動詞はスポーツで「完勝する」ことの比喩にもなります。medal podium(メダルの表彰台)の上を一掃するようなイメージです。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

The small country was not a favorite to win a medal, but they won big when they finished first, second and third place.
その小国はメダル候補ではなかったが、1位、2位、3位を取って圧勝した

▶「お気に入り」という意味で知られるfavoriteは、「有力候補」のニュアンスでも使われます。〈finish+序数〉は「~位になる」。

 

The small country wasn't a big name in sports, but it won big this time.
その小国はスポーツ界では無名だったが、今回は圧勝した

▶a big nameは「有名な人・もの」。haveの目的語ではなく、be動詞の補語として使います。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事