毎日Eトレ!【984】起きる時間だよ!

デイビッド・セイン先生が教える
ママと子どもの親子英会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「起きる時間だよ!」「A: さあ起きて! B: あと少しだけ!」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Time to wake up!
B: Ok fine.

A: 起きる時間だよ!
B: うん、わかったよ

 

朝のフレーズ①

初心者でも挑戦しやすい、簡単な単語・フレーズを使った親子英会話を紹介します。今月のテーマは「朝」。今日は元気に子どもを起こすフレーズを確認しましょう!

Time to wake up!は寝ている子どもを起こすときに使います。ここではIt'sが省略されていますが、もちろんIt's time to wake up!と言ってもOKです。

一方、Get up!は「起きなさい!(ベッドから起き上がりなさい)」、Get out of the bed!は「ベッドから出なさい」という意味で、これらは眠たそうにしている子どもをたたき起こすイメージです。

会話例を確認しましょう。

A: Get up! The clock's ticking!(起きなさい!時間がないよ!)

B: Five more minutes, mom! (ママ、あと5分~!)

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Rise and shine!
B: Just a little longer!
A: さあ起きて!
B: あと少しだけ!

▶Rise and shine! は「起きなさい、朝だよ」と親が子どもを起こすときの定番表現。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事