毎日Eトレ!【948】親知らずが生えてきたので、歯茎が腫れて痛いです

デイビッド・セイン先生が教える
歯医者のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「親知らずが生えてきたので、歯茎が腫れて痛いです」「親知らずが痛いので、歯茎と顔も腫れている」「親知らず周辺が痛くて、歯茎も腫れている気がする」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

My gums are swollen and hurting because my wisdom tooth is coming in.

親知らずが生えてきたので、歯茎が腫れて痛いです

 

「親知らず」は英語で何と言う?

「親知らず」は英語でwisdom toothといいます。直訳すると「知恵歯」ですが、これは親知らずが物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯であることに由来しているそうです。wisdom toothを使った例文を見てみましょう。

My wisdom tooth hurts.

親知らずが痛みます

I had a wisdom tooth pulled/removed/extracted yesterday, so my face is really swollen.

きのう親知らずを抜いたので、顔がとても腫れている

*pull、remove、extractはいずれも「歯を抜く」という意味の動詞で使われます

gumは「歯茎」、swollenは動詞swell「腫れる」の過去分詞形、come inで「(歯が)生える」という意味です。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

My wisdom tooth is hurting, so it's making my gums and face swell, too.

親知らずが痛いので、歯茎と顔も腫れている

▶このmakeは使役動詞です。

 

There is pain around my wisdom tooth and it feels like my gums are swollen, too.

親知らず周辺が痛くて、歯茎も腫れている気がする

▶pain around ...は「~周辺の痛み」、feel like ...は「~のような気がする」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事