毎日Eトレ!【582】ただいま当機は気流の悪いところを通過しております

デイビッド・セイン先生が教える
旅行のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「ただいま当機は気流の悪いところを通過しております」「皆様、ただいま当機は気流の悪いところを通過しております」「気流の悪いところを通過する可能性があります」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Attention everyone. The aircraft is currently experiencing some turbulence.

みなさま、ただいま当機は気流の悪いところを通過しております

 

「乱気流」に関する機内アナウンス

飛行機の機内放送を注意深く聞いてみて、自分のリスニング力を確認するのもひとつのトレーニングかもしれません。

ここでしっかりと聞き取りたいのはturbulenceという単語。「乱流」の意味です。これが聞き取れれば、「この揺れはなに?!」と慌てずに済みます。experience some turbulenceで「乱気流に見舞われる」。experienceはこのように動詞が人ではなくモノの場合にも使われることもポイントです。

このアナウンスの後には、Please return your seats and keep your seat belts fastened.などと続くかもしれません。これは「座席に戻って、シートベルトをお締めください」ということ。fastenは「(シートベルトなどを)締める」という意味になります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Ladies and gentlemen. This aircraft is currently going through a patch of turbulence.
皆様、ただいま当機は気流の悪いところを通過しております

▶go through ...は「…を通過する」、patchは「区画」の意味です。

 

We may experience turbulence.
気流の悪いところを通過する可能性があります

▶事前に警告するときの表現です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事