毎日Eトレ!【625】とろみが出るまでかき混ぜてください

デイビッド・セイン先生が教える
買い物のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「とろみが出るまでかき混ぜてください」「とろみが出るまでかき混ぜてください」「とろみが出たら、混ぜるのを止めてください」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Please continue to stir until it starts to thicken.

とろみが出るまでかき混ぜてください

 

「あんかけそば」と「麻婆豆腐」の共通点は…とろみ! 「とろみ」を英語で説明すると?「かき混ぜる」もポイントです

この例文のように「とろみ」が必要な料理といえば、「あんかけ○○」や「麻婆豆腐」などでしょうか。「とろみ」を英語で言ってみましょう。

「とろみが出る」は、thickenを使うのが一般的です。辞書では「どろどろ(濃密)になる」などと書いてありますが、「とろとろ」にも使えます。「スープに片栗粉でとろみをつけてください」ならThicken the soup with potato starch.となります。

「混ぜる」はstir。ちなみに発音はstar「星」とは似て非なるものなので、電子辞書やネットで確認しておくことをおすすめします。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

You have to stir until it starts to get thicker.
とろみが出るまでかき混ぜてください

▶get thickerも「とろみが出る」の意味です。

 

When it begins to thicken, please stop stirring.
とろみが出たら、混ぜるのを止めてください

▶stirは-ing形になると r がひとつ追加されることに注意しましょう。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | クチコミ  ・  大人&大学生  ・  体験レポート  ・  TOEIC  ・  セブ留学  ・  QQイングリッシュ  ・  IELTS  ・  CUE留学プログラム  ・  ミツミ電機  ・  DMM英会話  ・  語学学校情報  ・  語学学校  ・  大学生  ・  セブ島留学  ・  奨学生  ・  PR