毎日Eトレ!【921】自分の給料の3倍分の売り上げを目指してください

デイビッド・セイン先生が教える
目標・目的を伝えるフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「自分の給料の3倍分の売り上げを目指してください」「自分の給料の3倍分の売り上げてください」「あなたが目指すべきは自分の給料の3倍分売り上げることです」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

We need for you to aim to sell at least three times the amount of your salary.

自分の給料の3倍分の売り上げを目指してください

 

「指示」の表現と倍数表現をチェック!

こんな風に社員を鼓舞したり、部下に指示を出したりするときは、We/I need you to ...を使うといいでしょう。高圧的になるのを避けながら、しっかりと強い意味で伝えることができます。

この文のもう一つのポイントは「~の○倍」の表現。「2倍」ならtwice、「3倍」ならthree times、「10倍」ならten timesの後に「~の」の部分にあたる言葉を直接続ければOKです。twice as much as the amount ...とも言いますが、たいていas much asは省略されます。

あわせて「~○分の△」も確認しておきましょう。「3分の1」ならa/one third of ...、「3分の2」ならtwo thirds、「4分の1」はquarterです。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

You need to bring in at least three times the amount that we pay you.
自分の給料の3倍分の売り上げてください

▶bring in ...で「…を持ってくる」という意味です。

 

Your goal is to make three times the amount of your salary in sales.
あなたが目指すべきは自分の給料の3倍分売り上げることです

▶One’s goal is to ...「目標は…です」も、ゴールについて話すときによく使われる表現です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事