毎日Eトレ!【951】身内に不幸があり、数日帰省しなければなりません

デイビッド・セイン先生が教える
休暇申請のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「身内に不幸があり、数日帰省しなければなりません」「祖母が亡くなったので、少しの間帰省しなければなりません」「身内の葬式に参列するために帰省したいので、3日間の休暇を申請します」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Due to a death in the family, I need to go back home for a few days.

身内に不幸があったので、数日帰省しなければなりません

 

「忌引き」に関する英語表現

「身内の不幸」などのめったにない出来事のことも、いざというときに表現できるよう準備しておきましょう。

due to ...は「…が原因で」という意味で、後に名詞(節)をとるフレーズです。because of ...よりもややあらたまったニュアンスがあります。a death in the familyで「身内の不幸」になります。

go back homeはgo back to homeという間違いが多いので注意しましょう。同様にgo to homeではなくgo home、return to homeではなくreturn homeも覚えておきたい表現です。また、「忌引き休暇」はcondolence leaveなどと言えます。condolenceは「悔み、哀悼、見舞い」の意味です。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I need to go back to my hometown for a little while because my grandmother passed away.

祖母が亡くなったので、少しの間帰省しなければなりません

▶because(~のなので)は接続詞なので、センテンスが続いています。

 

I'd like to request three days of personal time so that I can go back home to attend a family member's funeral.


身内の葬式に参列するために帰省したいので、3日間の休暇を申請します

▶I’d like to request ...「…を希望します」という丁寧な言い回しです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事