毎日Eトレ!【593】歳の数だけ豆を食べましょう

デイビッド・セイン先生が教える
節分のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「歳の数だけ豆を食べましょう」「年齢と同じ数の豆を食べましょう」「私たちは、年齢と同じ数の豆を食べる必要があります」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Let's eat the same number of beans as our age.

歳の数だけ豆を食べましょう

 

「歳の数だけ」と言いたいときはあの2単語忘れに注意! 節分の意味をひとことで説明できる簡単フレーズも紹介

節分と言えば「自分の年齢と同じ数の豆を食べる」という風習がありますが、この「自分の例と同じ数の豆」を、どう英語で表現するかがポイントになります。

「同じ」を意味するsameを使えば、簡単に表現可能になります。具体的にはthe same number of beans as our ageとなります。必ずnumber ofを入れるようにしてください。the same beans as our ageとしてしまうと、「私たちの年齢と同じ豆」という、意味不明な内容になってしまいます。

なお、節分の意味合いについて説明するなら、It holds the meaning of wishing for health and happiness.「健康と幸せを祈る意味合いがあります」などと言うことができます。ぜひ活用してみてください。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Let's eat as many beans as our age.
年齢と同じ数の豆を食べましょう

▶A as many as Bは「Bと同じぐらい多くのA」「Bと同じ数のA」という意味の表現。

 

We have to eat the same number of beans as our age.
私たちは、年齢と同じ数の豆を食べる必要があります

▶Let's ...の代わりに、このようにWe have to ...にしてもOKです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 語学学校  ・  ミツミ電機  ・  DMM英会話  ・  大学生  ・  クチコミ  ・  PR  ・  TOEIC  ・  奨学生  ・  体験レポート  ・  語学学校情報  ・  CUE留学プログラム  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ留学  ・  IELTS  ・  大人&大学生  ・  セブ島留学