毎日Eトレ!【680】湿気のせいで、髪の毛をうまくセットできない

デイビッド・セイン先生が教える
梅雨のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「湿気のせいで、髪の毛をうまくセットできない」「湿気のせいで、髪の毛がひどいことになってる。手の施しようがないよ」「湿気のせいで、髪の毛がひどいことになってる」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

I can't fix my hair at all because of the humidity.

湿気のせいで、髪の毛をうまくセットできない

 

「(髪を)セットする」の動詞には「修理する」「食事の用意する」の意味も。「髪がまとまらない」何て言う?

梅雨入りの時期に女性からよく聞くのは今日のフレーズのような悩みですね。

「髪を整える」「髪をセットする」はfix one’s hairと言います。

fixはさまざまな意味で使われる動詞で、「修理する」なら例えば、fix a door「ドアを修理する」と言えますし、「(食事を)用意する」なら例えば、fix you dinner「あなたに夕食を作ってあげる」などの表現は必ず押さえておきたいところ。

at allはnotと一緒に使われて意味を強める効果があり、「~のせいで」「~が原因で」はbecause of ...で表せます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

The humidity is killing my hair. I can't do anything with it.
湿気のせいで、髪の毛がひどいことになってる。手の施しようがないよ

▶このkillは「大きなダメージを与える」といったニュアンスです。

 

My hair is crazy because of the humidity.
湿気のせいで、髪の毛がひどいことになってる

▶crazyで「まとまりのない」様子を表しています。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事