毎日Eトレ!【925】GWに公開された彼の新作映画は、私には合わなかった

デイビッド・セイン先生が教える
雑談のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「GWに公開された彼の新作映画は、私には合わなかった」「GWに公開された彼の映画にはあまり夢中になりませんでした。単に私の好みではなかったのです」「彼の新作映画はあまり好きになれませんでした。私には合いませんでした」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

His new movie that was released during Golden Week was not my taste.

GWに公開された彼の新作映画は、私には合わなかった

 

likeを使わずに言ってみよう! 「趣味に合わない」の英語

皆さん、GWは有意義に過ごされたでしょうか。お仕事をしていた方はおつかれさまでした。

「私の趣味に合わなかった」というとき、I didn’t like ...というのは簡単ですが、not my tasteのような言い方も使いこなして表現の幅を広げましょう。恋愛対象などについて「タイプじゃない」と言う場合はnot my typeを使うこともあります。

releaseは今回の例文の意味の他に「~を解放する、~を放つ、~を公表する」などの意味もあります。release hostagesなら「人質を解放する」、release an arrowは「矢を放つ」、release a reportなら「報告書を公表する」となります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I wasn't really into his new movie that was released during GW. It just wasn't for me.
GWに公開された彼の映画にはあまり夢中になりませんでした。単に私の好みではなかったのです

▶not for meも遠回しに「好みではない」と伝えるときの表現です。

 

I didn't care for his new movie at all! It just wasn't my taste.
彼の新作映画はあまり好きになれませんでした。私には合いませんでした

▶care for ...で「…に関心を持つ、...を好む」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事