毎日Eトレ!【787】京都に紅葉狩りに行ったら、観光客でごった返していたよ

デイビッド・セイン先生が教える
紅葉のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「京都に紅葉狩りに行ったら、観光客でごった返していたよ」「先週京都に紅葉狩りに行ったとき、観光客で超混んでたよ」「先週紅葉狩りに行ったとき、京都は観光客でいっぱいだったよ」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Last week, I went to Kyoto to see the autumn leaves and it was packed to the brim with tourists.

先週京都に紅葉狩りに行ったら、観光客でごった返していたよ

 

観光地が人で「ごった返している」は英語で何と言う?

形容詞のpackedは「混み合った、いっぱいで、すし詰めの」という意味です。さらにto the brim「なみなみと、いっぱいに」というフレーズを合わせることでより強調され、「非常に混み合っている、ぎゅうぎゅうに詰まっている」というニュアンスになります。この表現は人・物どちらにも使えます。今回はpacked to the brim with touristsなので、「大勢の観光客でごった返している」ということです。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Last week when I went to Kyoto to see the fall leaves, it was super crowded with tourists.
先週京都に紅葉狩りに行ったとき、観光客で超混んでたよ

▶superは「すごく、とても、超」にあたる、非常にカジュアルな言い方です。be crowded with ...は「~でにぎわう、~で混雑している、~でいっぱいである」という意味です。

 

Kyoto was jam-packed with tourists last week when I went to see the leaves.
先週紅葉狩りに行ったとき、京都は観光客でいっぱいだったよ

▶be jam-packed with ...「~でいっぱいだ、すし詰めだ」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事