毎日Eトレ!【652】あ、看板が見えた! もう少しだよ

デイビッド・セイン先生が教える
旅行のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「あ、看板が見えた! もう少しだよ」「あ、看板が見えた! もう少しだよ」「あ、看板が見えた! もう少しだよ」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Ah! I can see the sign! We're almost there!

あ、看板が見えた! もう少しだよ

 

日本人は過去形にしがち? 「あった!」の言い方

あなたが探していた場所がやっと見つかりました。でも、「あったよ! もう少し」という短くてもとっさのひと言がなかなか出ない…、なんてことは意外と多いのでは?

「看板が見えた」は、直訳調にI saw the sign.と言ってしまうと、「さっき見えたけど、今は見えない」と伝わります。英語では「看板が見える」、つまりI can see the sign.と言った方が自然でネイティブライクな表現になるのです。

距離的に、あるいは「目標達成が近い」といった場合に使われる「あともう少し」の表現はalmost thereが定番。丸暗記してしまいましょう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Look! We can see the billboard, so we're almost there!
あ、看板が見えた! もう少しだよ

▶billboardはアメリカなどにある「巨大看板」のこと。

 

I think I can see the sign! Just a little more (and we'll be there)!
あ、看板が見えた! もう少しだよ

▶signには「標識」や「合図」の他に、「看板」の意味もあります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事