毎日Eトレ!【642】財布を盗まれました。どこに行けばいいのでしょうか?

デイビッド・セイン先生が教える
旅行のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「財布を盗まれました。どこに行けばいいのでしょうか?」「財布を盗まれました。誰と話しをすればいいでしょうか?」「財布を盗まれたので、通報しないと。どこに行けばいいのでしょうか?」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

My wallet was stolen. Where should I go?

財布を盗まれました。どこに行けばいいのでしょうか?

 

日本人がよく間違える副詞をチェック!

財布に限らず、海外で盗難の被害に遭うことはないとは言い切れません。
もちろん、真っ先に警察署に行かなければならないので、周りの人にCould you tell me where the police station is?「警察署の場所を教えていただけますか?」などと聞きましょう。
あるいは、今回のフレーズのように、簡単に事情を説明すれば、親身になって教えてくれる人もいるはず!
ちなみに、日本のように町の要所に「交番」がある国は珍しいですよ。

物を失くしてしまったときは、I left my wallet somewhere.「どこかに財布をおいてきてしまいました」などと言えます。
somewhereの前にatなどの前置詞を入れる間違いが多いですが、somewhereは副詞なので不要です。もちろん、場所の検討がついていれば、in a/the taxi.「タクシーの中に」などと言い替えます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I think my wallet was stolen. Who should I talk to?
財布を盗まれました。誰と話しをすればいいでしょうか?

▶「盗む」はsteel-stole-stolenです。

 

I need to report a stolen wallet. Where is the best place to do that?
財布を盗まれたので、通報しないと。どこに行けばいいのでしょうか?

▶このreportは「(犯罪など)を通報する」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事