毎日Eトレ!【600】予算オーバーなのでもっと安いのを見せてもらえる?

デイビッド・セイン先生が教える
買い物のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「予算オーバーなのでもっと安いのを見せてもらえる?」「それでは完全に予算の範囲外です。もっと安いものはありませんか?」「それは少し予算オーバーです。もう少し安いものを何か見せてもらえませんか?」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

That's a little over my budget, so could you show me a cheaper one?

予算オーバーなのでもっと安いのを見せてもらえますか?

 

「予算オーバー」のときのスムーズなやりとりに、使える表現はこれ!

買い物のとき、買いたい商品が少し「予算オーバー」だったら、「もっと安いものを見たい」という状況になるものですよね。そんなとき、どんなふうに伝えたらいいでしょうか。

まず「予算オーバー」ですが、over one’s budgetという表現があります。budgetは「予算」という意味で、一見するとビジネスのみで使いそうな「堅苦しい」表現に思えますが、普通の買い物のときにも使えます。

cheap「安い」の比較級であるcheaperを使って、Could you show me a cheaper one?「もっと安いものを見たい」と表現することができます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

That's definitely out of my price range. Do you have anything cheaper?
それでは完全に予算の範囲外です。もっと安いものはありませんか?

▶price rangeは「価格帯」のことで、out of one's price rangeは「自分の買える価格帯の外にある」→「予算オーバーである」という意味になります。

 

That one is kind of over my budget. Could you show me something a little cheaper?
それは少し予算オーバーです。もう少し安いものを何か見せてもらえませんか?

▶kind ofは「ちょっと」という意味の副詞として使われています。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 語学学校  ・  PR  ・  体験レポート  ・  DMM英会話  ・  QQイングリッシュ  ・  奨学生  ・  セブ島留学  ・  CUE留学プログラム  ・  IELTS  ・  大学生  ・  クチコミ  ・  セブ留学  ・  ミツミ電機  ・  語学学校情報  ・  TOEIC  ・  大人&大学生