毎日Eトレ!【606】お手元の資料をご覧ください

デイビッド・セイン先生が教える
会議のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「お手元の資料をご覧ください」「お手元にあるこれら(の資料)をご覧ください」「お手元にある資料をご覧いただきたいと思います」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Please look at the materials at hand.

お手元の資料をご覧ください

 

「お手元の資料」「資料」「見てください」のいろんな言い回しをおさえよう

会議で配った資料を参照してもらいたいときには、どんなふうに声をかけるといいでしょうか。

「…をご覧ください」は、シンプルにPlease look at ...を使うのがベストです。look atの代わりに、refer toを使ってもいいですね。

また、「お手元の資料」はthe materials at handと表現できます。at handは「すぐ手の届くところにある」という意味ですが、We first need to work out the problem at hand.「まずは目の前にある問題を解決しなければならない」のように、「物理的に近い」「目に見える」ものではなく、抽象的な意味合いでも使うことができます。また、「資料」はhandoutと言うこともできます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Please take a look at these at hand.
お手元にあるこれら(の資料)をご覧ください

▶look at ...は、このようにtake a look at ...と言い換えることもできます。

 

I'd like for you to take a look at the materials we have at hand.
お手元にある資料をご覧いただきたいと思います

▶命令文を使わずに、I’d like for you to ...という言い方にすると、フォーマルな感じを出すことができます。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 奨学生  ・  CUE留学プログラム  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ島留学  ・  セブ留学  ・  語学学校  ・  大学生  ・  PR  ・  TOEIC  ・  DMM英会話  ・  語学学校情報  ・  体験レポート  ・  IELTS  ・  大人&大学生  ・  ミツミ電機  ・  クチコミ